たる(読み)タル

デジタル大辞泉の解説

たる

文語断定助動詞「たり」の連体形
資格を表す。…であるところの。「学生たるもの、勉強すべきである」
取り上げた事柄を、強調して、説明する意を表す。「その表情たるまさしく鬼そのものであった」
[補説]文章語的表現に用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たる

( 助動 )
〔古語の断定の助動詞「たり」の連体形から〕
資格を表す場合に用い、「…である」の意を表す。 「師たるに値しない」 「かりにも大学生たる者のなすべきことではない」 「苟いやしくも男児たる者が零落したのを恥づるとは何んだ/浮雲 四迷
「…たるや」の形で、特筆に値すると思われる事柄などを話題にする時に用いる。 「その風体たるやさながら弁慶の如く…」 → たり(助動)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

たるの関連情報