コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たる タル

デジタル大辞泉の解説

たる

文語断定助動詞「たり」の連体形
資格を表す。…であるところの。「学生たるもの、勉強すべきである」
取り上げた事柄を、強調して、説明する意を表す。「その表情たるまさしく鬼そのものであった」
[補説]文章語的表現に用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たる

( 助動 )
〔古語の断定の助動詞「たり」の連体形から〕
資格を表す場合に用い、「…である」の意を表す。 「師たるに値しない」 「かりにも大学生たる者のなすべきことではない」 「苟いやしくも男児たる者が零落したのを恥づるとは何んだ/浮雲 四迷
「…たるや」の形で、特筆に値すると思われる事柄などを話題にする時に用いる。 「その風体たるやさながら弁慶の如く…」 → たり(助動)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

たるの関連キーワード相物・間物・合物サニーサイド小褄を取る『枕草子』嫋娜・裊娜皮に掛ける名立たるけざけざ然らずは笑み笑み始めたる木伝ふ樽抜き紫立つ巻き目むたと仰け領幼びる功入る樽屋町

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

たるの関連情報