コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断定 ダンテイ

デジタル大辞泉の解説

だん‐てい【断定】

[名](スル)
物事にはっきりした判断をくだすこと。また、その判断。「証言を虚偽と断定する」「断定的に言う」
文法で、ある事物に対して、何であるか、どんなであるかを判断することを表す言い方。文語では助動詞「なり」「たり」、口語では助動詞」「です」や「である」「でありますどの語を付けて言い表す。指定。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だんてい【断定】

( 名 ) スル
はっきりと判断を下すこと。また、その判断。 「 -を下す」 「 A を犯人と-した」 「 -的な言い方」
文法で、ある物事を、そうだ、そうであるというように確定判断することを表す言い方。口語では助動詞「だ」「です」、連語「である」「であります」。文語では助動詞「なり」「たり」などを付けて言い表す。指定。 〔本来、漢籍では「裁判して罪を定める」の意。「哲学字彙」(1881年)に英語 judgment の訳語として載る〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

断定の関連キーワードレッテルを貼るとかなんとかかも知れないでございますが…なら…も我関せず焉ではなくてならなくに幸か不幸かなりけりレッテルでしょうですから物があるのだろうビミョーなのですてじゃならむ疑似症

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

断定の関連情報