断定(読み)だんてい

精選版 日本国語大辞典「断定」の解説

だん‐てい【断定】

〘名〙
① (━する) 事実はこうあるときっぱりと判断して決めること。
※都繁昌記(1837)担尿漢「一年の換物を断定(〈〉フセテキハメ)し」
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉二「女の色は、どうしてもあれでくっては駄目だと断定(ダンテイ)した」 〔裴夷直‐漫作詩〕
論理学で、ある内容を肯定したり、否定したりする精神作用。いくつかの名辞の間の関係を肯定したり、否定したりすること。判断。
※哲学階梯(1887)〈今井恒郎訳〉一「然れども此思惟して発言せらるるときは、既に思惟に非す。一の断定なり」
文法で、助動詞用法の一つをさしていう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「断定」の解説

だん‐てい【断定】

[名](スル)
物事にはっきりした判断をくだすこと。また、その判断。「証言を虚偽と断定する」「断定的に言う」
文法で、ある事物に対して、何であるか、どんなであるかを判断することを表す言い方。文語では助動詞「なり」「たり」、口語では助動詞「」「です」や「である」「であります」などの語を付けて言い表す。指定。
[類語]決断決定判断英断即断速断勇断独断専断明断決心決意

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android