コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

だ竜鏡 だりゅうきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

だ竜鏡
だりゅうきょう

仿製鏡 (ぼうせいきょう) の一種。だというのはわにの一種であるといわれている。首の長い獣形が,半肉彫に表わされ,その頸部棒状のものが出ている。獣と獣との間に神像を配したものもある。中国の画文帯神獣鏡を模しているといわれる。山口県柳井の茶臼山古墳から直径 44.5cmの大型のものが出土している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android