コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仿製鏡 ぼうせいきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仿製鏡
ぼうせいきょう

日本で出土するのうち,中国鏡を模倣してつくられた鏡。弥生時代から古墳時代にかけて日光鏡などがあり,また古墳時代には神獣鏡内行花文鏡画像鏡などが広くつくられた。ただし日本独特の文様をもつ直弧文鏡家屋文鏡,あるいは鈴鏡なども 仿製鏡に含めるが,平安時代以降から現れた唐や宋の鏡などを模したものは和鏡といって区別している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼうせい‐きょう〔バウセイキヤウ〕【×仿製鏡】

弥生・古墳時代に中国鏡を模倣して日本で作った銅鏡。→舶載(はくさい)鏡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうせいきょう【仿製鏡】

語意では模倣製作した鏡のことであるが,普通は中国鏡をその周辺地域において模倣製作した鏡をさす。この種の仿製鏡とされるものは,中央アジアやインドシナ,さらに朝鮮半島にもあるが,日本列島における製品が質量ともに顕著で,早くから研究対象となり,仿製鏡の名も日本の研究者の中から始まった。 日本列島の最初の仿製鏡は,前漢鏡を手本として朝鮮半島で開始された中国鏡の模倣製作に起源する。しかし朝鮮半島では,わずかな製品をとどめるのみで,ひきつづいて北部九州地方を中心に,製作・流布されたものが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぼうせいきょう【仿製鏡】

〔「ほうせいきょう」とも〕
漢式鏡・唐式鏡などの図文を模倣し、日本で作られた鏡。特に弥生・古墳時代のものをいい、奈良期以降の和鏡と区別される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

製鏡
ぼうせいきょう

東アジアの銅鏡の主流をなす中国鏡を模倣製造したものをいう。この種の銅鏡は、朝鮮半島や中央アジア、ベトナムなどにもあるが、日本列島の弥生(やよい)時代、とくに古墳時代のものが質量ともに顕著であって、製鏡というと、これをさすことが多い。弥生時代の製鏡は、前漢鏡を模倣した朝鮮半島製品の系譜に連なる小型粗製品である。製鏡の最盛期は古墳時代前半にあって、後漢(ごかん)鏡や魏晋(ぎしん)鏡を手本として製作が始まり、その図像文様の換骨奪胎したものが多いが、それと並んで、中国鏡の単純な模倣の域を脱した独特の図像文様をもつものもある。また、映像用には不適切な、直径46.5センチメートルもある大型品や直径3センチメートルにも満たない小型品まであり、さらに、音響の発生を目的とする鈴(れい)鏡があって、これら製鏡が映像機能をもたない鏡、呪具(じゅぐ)であったことを暗示している。[田中 琢]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の仿製鏡の言及

【鏡】より

…その直接的な淵源は朝鮮半島南部で中国鏡を模倣製造したことに始まるのであるが,製品は小型粗製であり,その分布は,これも中国鏡同様,北部九州地方に濃厚である。 古墳時代の鏡は,祭祀遺跡の出土品もあるが,ほとんどが古墳の副葬品であり,先に挙げた漢鏡に加えて,三国六朝鏡が出現し,さらに日本列島で製作した仿製鏡も多数含まれている。とくに,三国六朝鏡では,三角縁神獣鏡が注目される。…

※「仿製鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

仿製鏡の関連キーワード方保田東原遺跡石清尾山古墳群恵解山古墳群海獣葡萄鏡曽根遺跡群雪野山古墳今宿古墳群金蔵山古墳七夕池古墳鏡塚古墳新山古墳狩猟文鏡唐式鏡同笵鏡だ竜鏡舶載鏡直弧文鏡作部漢式鏡乳文鏡

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android