頸部(読み)ケイブ

デジタル大辞泉の解説

けい‐ぶ【×頸部】

頭と胴体とをつないでいる部分。くび。
首のように細くなってつながっている部分。「半島の頸部

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

けい‐ぶ【頸部】

〘名〙 頭部と胴部をつないでいる部分。くびの部分。また、ものとものとをつなぐ細くなっている部分。
※首が落ちた話(1918)〈芥川龍之介〉下「ことに不思議なるは同人の頸部(ケイブ)なる創(きず)にして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の頸部の言及

【首∥頸】より

…動物の体で頭部の後方で多少とも細くなっている部分が,しばしば頸(頸部)と呼ばれる。脊椎動物の頸cervixは前肢の前方の胴部が伸長したもので,頭骨につらなる脊柱,脳から伸びた脊髄,咽頭に続く食道,頭部への血管,肺呼吸するものでは気管などが通っている。…

※「頸部」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報