コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちく搦 ちくできclonus

翻訳|clonus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ちく搦
ちくでき
clonus

クローヌス,間代ともいう。筋肉を他動的に急激に伸展したとき,リズミカルな収縮運動が連続して現れる現象をいう。錐体路障害がある場合に起り,下肢でよくみられる。ある種の神経症や,腸チフス,肺結核患者などでは,数回で止る不完全なちく搦 (偽ちく搦) がみられることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ちく搦の関連キーワードミオクローヌスてんかんクローヌス

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android