ちゃくだ

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゃく‐だ【着

〘名〙 (「」は、鉄製の鎖で足をつなぐ枷(かせ)) 令制で、囚獄司が徒役の罪人の足にあしかせをつけること。また、その罪人。三、四人をつないだまま使役した。ちゃくたい。
※続日本紀‐天平一七年(745)四月甲寅「私鋳銭及従者、著長役鋳銭司
[補注]「令義解‐獄・流徒罪条」に「凡流徒罪居作者。皆着若盤枷」とある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報