ちょうこくしつ座(彫刻室座)(読み)ちょうこくしつざ(英語表記)Sculptor

翻訳|sculptor

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうこくしつざ【ちょうこくしつ座(彫刻室座) Sculptor】

略号Scl。秋空の南の地平線近くに見える南天の小星座。18世紀のフランスの天文学者N.ラカイユが新設した。輝星はない。この天域に銀河群がある。概略位置は赤経0h30m,赤緯-35゜。午後8時の南中は11月下旬である。【石田 五郎

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android