コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちょうこくしつ座(彫刻室座) ちょうこくしつざ Sculptor

翻訳|Sculptor

1件 の用語解説(ちょうこくしつ座(彫刻室座)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうこくしつざ【ちょうこくしつ座(彫刻室座) Sculptor】

略号Scl。秋空の南の地平線近くに見える南天の小星座。18世紀のフランス天文学者N.ラカイユが新設した。輝星はない。この天域に銀河群がある。概略位置は赤経0h30m,赤緯-35゜。午後8時の南中は11月下旬である。【石田 五郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ちょうこくしつ座(彫刻室座)の関連キーワードホリゾンブルー狼座地平俯角彫刻具座鶴座時計座艫座鳳凰座アケルナルハダル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone