つのさわう(読み)ツノサワウ

デジタル大辞泉の解説

つの‐さわう〔‐さはふ〕

[枕]語頭に「石(いは)」をもつ語にかかる。
「―石見(いはみ)の海の」〈・一三五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つのさわう

( 枕詞 )
人名「磐之媛いわのひめ」、地名「磐余いわれ」「石見いわみ」にかかる。語義・かかり方未詳。 「 -磐之媛がおほろけに聞こさぬ末桑うらぐわの木/日本書紀 仁徳」 「 -石見の海の言さへく辛からの崎なる/万葉集 135

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つの‐さわう ‥さはふ

人名「磐之媛(いはのひめ)」、地名「磐余(いはれ)」「石見(いはみ)」など、語頭に「いは」をもつ語にかかる。語義・かかりかた未詳。つぬさわう。
※書紀(720)仁徳三〇年一一月・歌謡「菟怒瑳破赴(ツノサハフ) 磐之媛が おほろかに 聞こさぬ 末桑の木 寄るましじき 川の隈々 寄ろほひ行くかも 末桑の木」
[補注]これを受ける人名・地名は「いは」を共有しているので、「岩」の意を介して続くと思われる。「万葉集」中の五つの例がすべて「角障経」という表記であるところから、(イ)「つの」は植物の芽、「さはふ」は「障(さ)はふ」で、芽の伸びるのをさまたげる岩の意で係るとする説、(ロ)「つの」は岩角、「さは」は多で、角のごつごつした岩の意で係るとする説などがあり、他に、「つの」を「つな」「つた」と同源で、蔓性の植物とし、「さはふ」は「さは(多)・はふ(延)」の変化したものとして、蔦のからみついた岩の意で係るとする説もある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる