コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磐之媛/石之日売 イワノヒメ

世界大百科事典 第2版の解説

いわのひめ【磐之媛】

《古事記》《日本書紀》《万葉集》に伝えられる仁徳天皇の皇后。葛城襲津彦(かつらぎのそつびこ)の娘で武内宿禰(たけうちのすくね)の孫にあたり,皇族外の身分から皇后となった初例とされる。ひどく嫉妬ぶかい女性として語られ,天皇の召し使う女たちは皇后を恐れて宮廷への出入りもかなわず,目立った言動でもあると〈足もあがかに(じだんだふんで)〉嫉妬したという。仁徳天皇には妻妾が多くいて,そのひとりの吉備(きび)の黒は皇后をはばかり吉備へ船で逃げ帰ろうとするが,それに天皇が歌を贈ったのを聞き激怒した磐之媛は,黒媛を船より追いおろし徒歩で国へむかわせたとも語られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磐之媛
いわのひめ
(?―347)

武内宿禰(たけのうちのすくね)の子葛城襲津彦(かつらぎのそつひこ)の娘で、仁徳(にんとく)天皇の皇后。履中(りちゅう)、反正(はんぜい)、允恭(いんぎょう)3天皇の母。「石之日売」(『古事記』)、「磐姫」(『万葉集』)とも記す。嫉妬(しっと)深い性格で、八田皇女(やたのひめみこ)や吉備黒日売(きびのくろひめ)を宮中に召し入れることに反対し天皇を困惑させた話と歌謡が記紀に伝えられている。仁徳35年6月筒城宮(つつきのみや)で没。『万葉集』巻2に「磐姫皇后、天皇を思ひて作らす歌四首」があるが、夫の帰りを待つ貞淑な妻の心を詠む連作的構成や歌風からみて、藤原宮時代か奈良時代の伝誦歌(でんしょうか)が皇后に仮託されたものと考えられる。[稲岡耕二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

磐之媛/石之日売の関連キーワード瓢箪山古墳〈奈良県〉奈良県奈良市佐紀町葛城(奈良盆地)佐紀盾列古墳群つのさわう住吉仲皇子葛城磐之媛奴理能美履中天皇矢田皇女八田皇女紀行文学反正天皇磐姫皇后葛城氏口比売黒日売玖賀媛国依媛口持

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android