コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石見 いわみ

4件 の用語解説(石見の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石見
いわみ

島根県中部,中国山地にある地域。旧町名。 1955年矢上町と日貫,日和,中野,井原の4村が合体して発足。 2004年 10月に瑞穂町,羽須美村と合併し邑南町となる。江川支流の井原川,矢上川流域に位置し,中心集落の矢上は江戸時代たたら製鉄の地として知られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いわみ〔いはみ〕【石見】

旧国名の一。現在の島根県西部にあたる。石州。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いわみ【石見】

旧国名の一。島根県西部に相当。石州せきしゆう

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石見
いわみ

島根県中央部、邑智(おおち)郡にあった旧町名(石見町(ちょう))。現在は邑南(おおなん)町の北西部を占める地域。旧石見町は1955年(昭和30)矢上町と井原、中野、日貫(ひぬい)、日和(ひわ)の4村が合併して成立。2004年(平成16)瑞穂(みずほ)町、羽須美(はすみ)村と合併、邑南町となる。旧町域は石見高原に位置するが、矢上、中野、井原の盆地がある。近世には出羽(いずは)鋼とアサの集散地で知られた。矢上には鉄穴(かんな)流し跡が残っている。1950年代には中南米への移住策を進めるほど人口過剰であったが、現在は過疎化が進んでいる。国道261号が通じる。米作を中心に酪農なども行われる。千丈渓(せんじょうけい)、断魚(だんぎょ)渓は江川(ごうがわ)水系県立自然公園の一部で国の名勝に指定されている。また諏訪(すわ)神社の千年杉は県の天然記念物。7月20日に行われる豊作祈願の民間信仰行事、鹿子原(かねこばら)の虫送り踊りは県指定無形民俗文化財。[野本晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石見の関連キーワード冠山山地温泉津島根県松江市鹿島町名分島根県隠岐郡隠岐の島町中町名田島根県出雲市斐川町名島島根県鹿足郡津和野町名賀島根県隠岐郡隠岐の島町西町名田島根県益田市匹見町匹見芸北〈町〉冠山〈中国山地〉

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石見の関連情報