コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てじゃ てじゃ

大辞林 第三版の解説

てじゃ

( 連語 )
〔接続助詞「て」に断定の助動詞「じゃ」の付いたもの。近世上方語。上にくる語によっては「でじゃ」となる〕
軽い敬意をもった断定の意を表す。…ているのです。…ています。 「幸ひこの揚屋に養生し-・ぢや、お逢ひなされませ/歌舞伎・浅間嶽」 「お客様は待ちこがれたつた一人で飲んでぢや/浄瑠璃・生玉心中

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

てじゃの関連キーワード言い紛らわす・言紛らわす入れ歯(義歯)の知識狡兎死して走狗烹らるじゃんけんロボット姑の場ふさがり指す神・差す神足を引っ張る無用の長物じゃらつく接続助詞立三味線父者人黄禍論浅間嶽蚤取男野球拳場塞げ花一匁葛切りポロ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

てじゃの関連情報