てんず(読み)テンズ

デジタル大辞泉の解説

て◦んず

[連語]《完了の助動詞「つ」の未然形+推量の助動詞「むず」の撥音化した「んず」》…てしまうだろう。…てしまおう。
「恥を見―◦んずと思へども、すべきやうなし」〈宇治拾遺・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんず

( 連語 )
〔完了の助動詞「つ」の未然形「て」に、「むとす」の転「んず」の付いたもの〕
…してしまうだろう。…してしまおう。 「恥を見-と思へども、すべきやうなし/宇治拾遺 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

て‐・んず

(完了の助動詞「つ」の未然形に「むとす」の変化した「んず」の付いたもの) …してしまうだろう。…してしまおう。
※浜田本宇津保(970‐999頃)嵯峨院「死ぬる身にてこそはあらめ、我がするわざとて、今日し尽してむずる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android