コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵯峨院 さがいん

世界大百科事典 第2版の解説

さがいん【嵯峨院】

京都の西,嵯峨に設けられた嵯峨上皇の別荘。嵯峨山荘,嵯峨別館などとも呼ばれた。大覚寺の前身。嵯峨天皇は唐風文化の興隆につとめたが,みずからは風流を好み,晩年を嵯峨院で送った。嵯峨院の名は在位中の文献に見え,帝位にあるときに離宮として設営され,文人たちを召して詩賦を催したりしている。823年(弘仁14)に譲位した後,834年(承和1)嵯峨院内に新造御所を造営し,それまで後院(ごいん)としていた冷泉院からここに移り,8年後の842年にここで没した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の嵯峨院の言及

【大覚寺】より

…嵯峨山と号する。もと嵯峨天皇の離宮だった嵯峨院を,876年(貞観18)淳和天皇の皇后正子が寺に改め,所生の恒寂法親王を開山にして大覚寺と号したのが起りである。寺の東には嵯峨院時代の庭池である大沢池,西と南には有栖(ありす)川が流れ,池の北側にあった〈名古曾滝(なこそのたき)〉は有名で,平安時代から歌の名所としてもてはやされた。…

※「嵯峨院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

嵯峨院の関連キーワード後嵯峨院中納言典侍無げの言の葉続後撰和歌集続古今和歌集無き手を出す御座しまさふ仙覚奏覧状風葉和歌集如何にせむ大納言典侍吹掛ける湧き出づ思い起す心ながら御神の子大沢の池などてか回らし文例ならず名立たり

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android