てんでんむきむき

精選版 日本国語大辞典の解説

てんでん‐むきむき

〘名〙 めいめいがそれぞれ勝手な方向を向いていること。また、それぞれ好みに応じて事をすること。
洒落本・孔雀そめき(1789‐1801)中之街之騒劇「『おれも馴染のを呼ぼふ。〈略〉』『おれも付合だ、内のお梅ぼうにせう』〈略〉『てんてんむきむき』『柿の皮といふもんだ』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android