孔雀(読み)くじゃく

精選版 日本国語大辞典「孔雀」の解説

く‐じゃく【孔雀】

[1] 〘名〙
① キジ科の鳥。翼長はふつう四〇~五〇センチメートル。雄の尾の基部にある上尾筒の羽毛が著しく長く(約一・五メートル)、尾羽のようにみえる。上尾筒の各羽の先端に紫、金、緑などで彩られた眼状紋があり、時々扇形に広げる。中国南部からインドシナ半島、マライ半島に分布するマクジャクと、インド、セイロン島に分布するインドクジャクの二種類がある。前者は緑色を主色とし、くびは青く、筆状の羽冠があり、後者は頭とくびが光沢ある青色で、扇状の冠をもつ。両種とも密林の水辺に好んで生活し、植物の実や虫などを食べる。インドクジャクの白変種にシロクジャクがある。「日本書紀」に推古天皇六年(五九八)新羅が孔雀一羽を貢献した記録があり、その後もしばしば日本に渡来しているが、数が少ないので珍鳥とされ、江戸時代、寛永(一六二四‐四四)ごろから京都の四条河原をはじめ各地で見世物として客を集めた。くざく。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※宇津保(970‐999頃)吹上上「くじゃく・あうむのとりあそばぬばかりなり」
② (打掛に孔雀や鳳凰(ほうおう)などの金糸模様があるところから) 江戸吉原などの高級遊女。また、盛装した遊女。
※長唄・教草吉原雀(1768)「叩く水鶏(くひな)の口まめ鳥に孔雀騒きで目白押し、見世清掻(すがかき)のてんてつとん」
③ 紋所の名。孔雀が尾をひろげた姿を図案化したもの。

く‐ざく【孔雀】

〘名〙 =くじゃく(孔雀)(一)①
※宇津保(970‐999頃)楼上下「四人はくざくの装束す。四人は胡蝶

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「孔雀」の解説

く‐じゃく【×雀】

キジ目キジ科クジャク属の鳥の総称。インドクジャクはインド・スリランカ平地や開けた林にすみ、全体に青みがかった色をしている。雄は全長約2メートルで、尾羽を覆う上尾筒(じょうびとう)は目玉模様のある長い飾り羽となっていて、ディスプレーのとき扇状に開く。変種にシロクジャクがある。マクジャクは全長約2.3メートル、東南アジアの森林にすみ、緑がかった色の羽をもつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

侍ジャパン

国際野球試合における野球日本代表の愛称。SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)とも記される。国際野球連盟(IBAF)主催・公認の各種大会・試合に出場し、オリンピックでは1984年のロサンゼル...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android