とだる

  • とだ・る

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自ラ四〙 語義未詳。十分に足りる意か。
※古事記(712)上「唯僕(あ)が住(すみか)をば、天つ神の御子の天津日継知らしめす登陀流(トダル)〈此の三字は音を以ゐる。下は此れに効ふ〉天の御巣(みす)なして」
[補注]本居宣長は「古事記伝」に「富足(とみだる)の意ならむか」とするが、「と(富)む」の「と」は甲類音、「とだる(登陀流)」の「と」は乙類音であり、成立しない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

とだるの関連情報