どうしたって

精選版 日本国語大辞典の解説

どう‐したって

〘副〙 (副詞「どう」に、動詞「する」の連用形「し」、助動詞「た」、助詞「とて」が付いた「どうしたとて」の変化したもの) どうしたとしても。どうしても。
※落語・近江八景(1898)〈三代目春風亭小柳枝〉「何(ド)うしたって色にして居るのだから」
※二百十日(1906)〈夏目漱石〉四「大丈夫だ。どうしたって死ぬ気遣はないんだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報