コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二百十日 にひゃくとおか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二百十日
にひゃくとおか

立春 (2月4日か5日) から数えて 210日目の日。9月1日頃にあたるが,この頃はちょうどイネの果時期であるうえに,台風の来襲する季節とも一致するので,昔から農家には厄日として警戒されている。 10日過ぎた頃も台風の来襲することが多いので,二百二十日として警戒されている。雑節の一つである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にひゃく‐とおか〔‐とをか〕【二百十日】

雑節の一。立春から数えて210日目、9月1日ごろにあたる。台風襲来の時期で、稲の開花期にあたるため、昔から二百二十日とともに農家の厄日とされる。 秋》「曇るまま―を忘じけり/青峰」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

二百十日【にひゃくとおか】

雑節の一つ。立春から210日目の日(現行暦では9月1,2日)。台風の襲来する季節で,稲の開花期に当たるため,220日目の二百二十日とともに厄日とされ,風害を免れるよう祈願して,神社などで風祭(かざまつり)をする所も多い。
→関連項目厄日

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

とっさの日本語便利帳の解説

二百十日

立春から数えて二一〇日目の九月一日頃。この頃は稲の開花時期で、台風も来やすいので、注意を促すために江戸時代の人が暦に載せた。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にひゃくとおか【二百十日】

暦の雑節の一つ。立春の日から数えて210日目の日。9月1日ごろになる。220日目の二百二十日とともに,台風が来襲する厄日とされ,この日を中心にして風の害を防ぐための風祭(かざまつり)を行う風習があった。古来,稲の穂ばらみ期であるので,暴風を警戒したといわれる。八朔(はつさく)(旧暦8月1日)も同じ時期にあたり,二百十日の厄日にそなえて,八朔の日に風祭をすると伝えていた土地もある。二百十日,二百二十日が暦注に現れるのは新しく,江戸時代初期以後である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

にひゃくとおか【二百十日】

雑節の一。立春から数えて210日目にあたる日。9月1日頃。晩稲おくての開花期にあたり、特に農家では台風などの災害に備える。 [季] 秋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二百十日
にひゃくとおか

暦の雑節の一つ。立春から数えて210日目の日。太陽暦の9月1日ごろにあたる。古来、台風襲来の時期でイネの開花期にあたり、農家の厄日として注意を促すため暦に記載される。渋川春海(しぶかわはるみ)が漁夫からこのことを聞いて1686年(貞享3)の暦から記載するようになったといわれているが、それ以前に伊勢(いせ)暦には1656年(明暦2)の暦から記載されている。立春から数えて220日目を二百二十日(にひゃくはつか)というが、暦には記載されない。[渡辺敏夫]

気象

農家では台風による風水害に注意するが、統計的にはこの日がとくに台風が来襲しやすい特異日ではない。近年、気候の変動により、本土に影響する台風は二百十日以前のほうが多くなっていることは注意すべきことである。二百十日のさらに古い記載は、1634年(寛永11)に安田茂兵衛尉重次(もへいのじょうしげつぐ)が著した『全流舟軍之巻』のなかで述べられたものがあり、そこには「野分と云(い)ふ風の事。是(これ)は二百十日前後七日の内に吹くもの也(なり)」とある。この記載はおそらく倭寇(わこう)などの影響のもと、中国でいわれていた105日の風雨の厄日を、ちょうど2倍にして考えたものではないかといわれている。俳諧(はいかい)では秋の季語である。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

二百十日の関連情報