ぬらむ(読み)ヌラム

  • ぬ◦らむ
  • ぬ・らむ

デジタル大辞泉の解説

[連語]《完了の助動詞「ぬ」の終止形+推量の助動詞「らむ」。「ぬらん」とも》きっと…したであろう。…てしまったに違いない。
「ぬばたまの夜明かしも舟は漕(こ)ぎ行かな三津の浜松待ち恋ひ―◦らむ」〈・三七二一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

連語
完了の助動詞の終止形に推量の助動詞らむの付いたもの。ぬらんとも
きっと…ているだろう。すっかり…てしまっているだろう。 いざ子ども早く日本やまとへ大伴の三津の浜松待ち恋ひ-・らむ/万葉集 63 霧立ちて雁ぞ鳴くなる片岡の朝の原はもみぢし-・らむ/古今 秋下 夜ははるかにふけ-・らん/平家 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(完了の助動詞「ぬ」の終止形に推量の助動詞「らむ」の付いたもの) すっかり…てしまっているだろう。きっと…ているだろう。
※万葉(8C後)一五・三六九九「秋されば置く露霜にあへずして都の山は色付き奴良牟(ヌラム)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android