コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

露霜 ツユジモ

デジタル大辞泉の解説

つゆ‐じも【露霜】

《古くは「つゆしも」》
。また露、特に凍ってなかば霜となった露。水霜 秋》「―の烏がありく流離かな/楸邨
年月。星霜(せいそう)。
「―はあらたまるとも」〈新古今仮名序

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つゆじも【露霜】

〔古くは「つゆしも」〕
露が凍って霜のようになったもの。水霜。 [季] 秋。
露と霜。 「秋されば置く-にあへずして都の山は色付きぬらむ/万葉集 3699
年月。星霜。 「 -はあらたまるとも/新古今 仮名序

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

露霜の関連キーワード夫籠る・妻籠る・夫篭る・妻篭る・夫籠もる・妻籠もるおもな枕詞とかかり方置く・措く・擱く付かふ・着かふ惑ひ歩く潮垂れる復ち返る行く鳥のものを露霜の白雲の集く敢ふ神山鹿

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android