ねする

大辞林 第三版の解説

ねする

( 動四 )
あてつけを言う。あてこする。いやみを言う。 「遣ひすてたの、げじいたのと、-・らるるのを苦にしてか/浄瑠璃・曽根崎心中」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ねするの関連情報