椀久末松山(読み)わんきゅうすえのまつやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

椀久末松山
わんきゅうすえのまつやま

浄瑠璃。世話物。3巻。紀海音作。宝永7 (1710) 年大坂豊竹座上演の記録がある。大坂の商人椀屋久右衛門が遊女松山と契ったが,その豪遊のはてに勘当を受け,座敷牢に入れられ発狂して延宝5 (1677) 年に死んだという実話をもとに,椀屋久兵衛と改めて戯曲化された。歌舞伎では,貞享~元禄年間 (84~1704) に大和屋甚兵衛の当り芸となり,その小唄が巷間で流行した。また井原西鶴にも貞享2 (1685) 年刊の浮世草子『椀久一世の物語』の作がある。 (→椀久物 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

わんきゅうすえのまつやま〔ワンキウすゑのまつやま〕【椀久末松山】

浄瑠璃。世話物。三段。紀海音作。宝永7年(1710)以前、大坂豊竹座初演と推定。豪商椀屋久右衛門と遊女松山との情話に取材したもの。→椀久
岡村柿紅による歌舞伎狂言を脚色したもの。明治45年(1912)、市村座にて初演。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

わんきゅうすえのまつやま【椀久末松山】

(1)人形浄瑠璃。世話物。3巻。紀海音作。1709‐10年(宝永6‐7)ころ大坂豊竹座初演。大坂新町の太夫松山を溺愛,家産を傾けて水死したと伝えられる大坂の豪商椀屋久右衛門の生涯を劇化。新町の揚屋で節分の夜に一分金をまきちらして豪遊していた椀屋久兵衛は,親の久右衛門に勘当され,舅義右衛門に引き取られて座敷牢に入れられた。ひそかに訪れた恋人の松山は久兵衛の妻おさんの真情に義理を立て,久兵衛との縁切りを承知した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

わんきゅうすえのまつやま【椀久末松山】

人形浄瑠璃。世話物。紀海音作。1708年大坂豊竹座初演。椀屋の久兵衛が遊女松山となじみ、そのため座敷牢に入れられ錯乱する。明治になって岡村柿紅によって脚色された歌舞伎狂言もある。
一中節の一。初世都一中作曲。を基にしたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android