コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のす ノス

デジタル大辞泉の解説

のす

[接尾]接尾語「なす」の上代東国方言。…ように。
「利根川の川瀬も知らず直(ただ)渡り波に逢ふ―逢へる君かも」〈・三四一三〉
[補説]「なす」に比べると、動詞に付く例が多く、連用修飾語として用いられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

のす

( 接尾 )
〔「如す」の上代東国方言〕
名詞、あるいは動詞の連体形に付いて、…(の)ような、…(の)ように、の意を表す。 「利根川の川瀬も知らず直渡り波に逢ふ-逢へる君かも/万葉集 3413」 「下野しもつけの三毳みかもの山のこ楢なら-まぐはし児ろは誰が笥か持たむ/万葉集 3424

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

のすの関連キーワード大阪府大阪市東住吉区住道矢田上臈女房・上﨟女房・上臘女房江の島アイランドスパ火酢芹命・火須勢理命神奈川県藤沢市江の島大納言局(3)纏わす・纒わす口を合わせる昆解沙弥麻呂篠立て脛当て池上隼之助権の北の方上毛野滋子天保水滸伝海幸・山幸ケルディオ佐伯部三国伊勢大輔懸想立つ火闌降命

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

のすの関連情報