コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はかなき人生

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

はかなき人生
はかなきじんせい
La vida breve

スペインの作曲家ファリャのオペラ。2幕4場。1905年完成、13年ニースで初演され、彼の出世作となった。カルロス・フェルナンド・シャウのスペイン語台本は、1900年ごろのグラナダが舞台。主人公サルーは若く美しいロマ(かつてはジプシーとよばれた)の娘で、スペイン人の若者パコと恋仲にあったが、彼は同じスペイン人の娘カルメーラと結婚してしまう。サルーの伯父は彼女を連れて婚礼の宴に乗り込み、パコの裏切りをなじるが、彼に拒絶され、彼女は恋人の名を呼びながら身を投げて息絶えるという悲恋物語。音楽は民族的な色彩がきわめて強く、とりわけ第2幕冒頭の「スペイン舞曲」が有名である。日本初演は1958年(昭和33)藤原歌劇団[三宅幸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone