コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原歌劇団 ふじわらかげきだん

百科事典マイペディアの解説

藤原歌劇団【ふじわらかげきだん】

日本の歌劇団。日本で初めて本格的にオペラを上演し,以後のオペラ運動を主導してきた。テノール歌手藤原義江を中心に1934年に創設され,同年プッチーニの《ラ・ボエーム》で旗揚げ。
→関連項目五十嵐喜芳

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原歌劇団
ふじわらかげきだん

日本の歌劇団。1934年(昭和9)テノール歌手藤原義江(よしえ)を中心に結成、同年6月『ラ・ボエーム』で旗揚げ公演を行った。それまで編曲や抄演が主だったオペラを本格的に全曲上演、『リゴレット』『カルメン』『トスカ』などのポピュラーな作品を手がけると同時に、『タンホイザー』『アイーダ』などを日本初演。第二次世界大戦前のオペラ歌手のほとんどはこの歌劇団の舞台に立っている。戦後の1946年(昭和21)いち早く『椿姫(つばきひめ)』『カルメン』などで大入りをとるが、1955年からテレビなどの影響で観客が減少し経営状態が悪化、1973年東京声楽専門学校校長の下八川圭祐(しもやがわけいすけ)(1902―1980)に経営を譲り、藤原は会長になった。藤原・下八川没後は、1980年から下八川共祐(きょうすけ)(1942― )が後を継ぎ、1981年には創作オペラを中心とする日本オペラ協会と合体し、財団法人日本オペラ振興会を結成して経営の安定を図るとともに、若手演出家の登用と、海外で活躍する林康子(やすこ)(1948― )らの招聘(しょうへい)により、新鮮でオーソドックスな舞台を提供。1985年、テノール歌手五十嵐喜芳(いがらしきよし)(1928―2011)を総監督に迎え(1999年6月まで)、創立以来のわかりやすく楽しいオペラづくりを積極的に推進している。[寺崎裕則]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の藤原歌劇団の言及

【藤原義江】より

…20年イタリアに留学,その美声に磨きをかけ,欧米各地で演奏活動を行う。34年藤原歌劇団を組織,《ラ・ボエーム》の公演を皮切りに,数多くのオペラの日本初演を行い,日本におけるオペラ運動の中核となった。美声と容姿に恵まれ広く人気を得た。…

※「藤原歌劇団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

藤原歌劇団の関連キーワードマンフレット グルリットローゼンストックソニア ガナッシコメッリ G.佐久間 哲也日比野 秀吉黒羽 美都子三枝 喜美子福永 陽一郎下八川圭祐宮本 良平滝田 菊江砂原美智子世良 明芳山口 和子粟国 安彦岩井 真吾大里 洋子藤井 典明篠原 正雄

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤原歌劇団の関連情報