悲恋(読み)ひれん

精選版 日本国語大辞典「悲恋」の解説

ひ‐れん【悲恋】

〘名〙 悲しい。哀れな結末で終わる恋。また、ひたすら思い慕うこと。
※松島に於て芭蕉翁を読む(1892)〈北村透谷〉「内界は悲恋を醸すの場なる事を知りながら」 〔蕭子良‐浄住子・礼舎利宝塔門〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「悲恋」の解説

ひ‐れん【悲恋】

悲しい恋。実らずに悲しい結果に終わる恋。
[類語]恋愛愛恋あいれん恋情れんじょう恋慕れんぼ思慕しぼ眷恋けんれん色恋いろこい慕情ぼじょう恋心初恋狂恋片恋片思い岡惚れ横恋慕失恋ラブアムールアモーレロマンス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android