コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はくちょう(白鳥)座X-1 はくちょうざエックスいち

1件 の用語解説(はくちょう(白鳥)座X-1の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

はくちょう(白鳥)座X-1【はくちょうざエックスいち】

ブラックホールの最有力候補であるはくちょう座のX線源。略号はCygX-1。1960年代に発見され,1971年に連星であることが確かめられた。種々の観測結果から,連星を構成している一方の星の質量は太陽の数倍,大きさは300km以下と推定され,この数字からはブラックホールとしか考えられないとされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

はくちょう(白鳥)座X-1の関連キーワード白鳥座ホーキング放射本命カー‐ニューマン解カー‐ニューマンブラックホールカーの時空シュヴァルツシルトのブラックホール富松‐佐藤の解ブラックホール力学の四法則ペンローズ過程

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone