コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はくちょう座A はくちょうざエーCygnus A

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

はくちょう座A
はくちょうざエー
Cygnus A

電波天体第1号。1948年に広がった銀河電波天の川からの電波)とは別種の電波源として,イギリスのジェームズ・ヘイとその同僚たち,およびオーストラリアジョン・ボルトンと G.スタンレーの研究の結果発見され,1952年にパロマ山天文台の 200インチ望遠鏡でウォルター・バーデやルドルフ・ミンコフスキーにより特殊な銀河と確認された。北天で最も強力な電波源の一つであるが,地球からの距離は約 5億5000万光年と遠く,したがって見かけの光度は 15等と非常に暗い。はくちょう座Aの中心には複雑な形の銀河があり,それを中心として対称な位置に二つの強い電波源がある。以前は互いに衝突している二つの銀河と考えられたが,放出される電波エネルギーは太陽から放出される全エネルギーの 1011倍以上で,この考えでは説明できない。現在は銀河の中心核の爆発で放出された高エネルギー粒子の二つの雲が強力な電波を放射していると考えられている。(→電波天文学

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

はくちょう座Aの関連キーワード北朝鮮戦争文学芦田均ベルリンユリアナ江上波夫イタリア映画韓国済州島事件中東戦争

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone