コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白鳥座 ハクチョウザ

デジタル大辞泉の解説

はくちょう‐ざ〔ハクテウ‐〕【白鳥座】

北天の大星座。9月下旬の午後8時ごろ南中し、天頂付近に見える。天の川の中に、α(アルファ)星デネブβ(ベータ)星アルビレオなど明るい5個の星が十字形をつくり、また北アメリカ星雲網状星雲ブラックホールなどを含む。北十字星。学名 〈ラテン〉Cygnus

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はくちょうざ【白鳥座】

九月下旬の宵にほぼ日本の真上を通過する星座。アルファ星のデネブを頂点とし、五個の輝星が巨大な十字形を描く。ギリシャ神話では、ゼウスがスパルタ王妃レダに求愛するときに、姿をかえた白鳥であるという。天の川の中にあり、星雲や星団に富む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android