コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白鳥座 ハクチョウザ

デジタル大辞泉の解説

はくちょう‐ざ〔ハクテウ‐〕【白鳥座】

北天の大星座。9月下旬の午後8時ごろ南中し、天頂付近に見える。天の川の中に、α(アルファ)星デネブβ(ベータ)星アルビレオなど明るい5個の星が十字形をつくり、また北アメリカ星雲網状星雲ブラックホールなどを含む。北十字星。学名 〈ラテン〉Cygnus

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はくちょうざ【白鳥座】

九月下旬の宵にほぼ日本の真上を通過する星座。アルファ星のデネブを頂点とし、五個の輝星が巨大な十字形を描く。ギリシャ神話では、ゼウスがスパルタ王妃レダに求愛するときに、姿をかえた白鳥であるという。天の川の中にあり、星雲や星団に富む。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

白鳥座の関連キーワードヘルマン・C. フォーゲルV.A. アンバルツミヤンバイエル星名システムアルビレックス新潟J.S. ヘイギリシャ神話はくちょう座夏の大三角形シグナスANML天体超新星残骸生田 蝶介電波銀河神田 茂白鳥座Aベッセル小狐座海豚座エリカゼウス

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白鳥座の関連情報