コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電波銀河 でんぱぎんが radio galaxy

翻訳|radio galaxy

6件 の用語解説(電波銀河の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電波銀河
でんぱぎんが
radio galaxy

普通の銀河の何千倍,何万倍もの強さで電波を放出している銀河。大半がだ円銀河。最初に見つかったのは「はくちょう座A」と呼ばれる銀河で,可視光を放つ銀河中心を挟むようにして,ほぼ対称に2つの強い電波源がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

でんぱ‐ぎんが【電波銀河】

ふつうの銀河に比べて強い電波を出している銀河。光学的には楕円銀河が多いが、ふつうの銀河と明確な違いはない。しばしば双対する二つの楕円状の構造が見られ、その大きさは数百万光年におよぶ場合があり、宇宙ジェットの噴出によって形成されたものと考えられている。また、電波放射は非熱的なシンクロトロン放射による。白鳥座A、乙女座A、ケンタウルス座Aなどが知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

電波銀河【でんぱぎんが】

強い電波を放出している銀河。ふつうの銀河では中心核の電波は比較的弱いのに対して,電波銀河では,強い電波を出しているのは,銀河の中心核,銀河の外側にある大きく拡がったローブと呼ばれる部分,中心核とローブを結ぶ部分にあるジェットと呼ばれる電波源の三つである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

でんぱぎんが【電波銀河 radio galaxy】

強い電波を放出する銀河。1954年に電波源はくちょう座Aの場所に特異な形状とスペクトルをもった銀河が発見され,これが電波銀河発見の最初である。ふつうの銀河は,中心核の電波は比較的弱く,渦巻の腕に沿ったシンクロトロン放射が強いが,電波銀河では,(1)銀河の外側にあって,ローブと呼ばれるときには数百万光年のところまで広がった電波源,(2)中心核とローブとを結ぶ部分にあるジェットと呼ばれる電波源,(3)中心核の電波の三つが強い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

でんぱぎんが【電波銀河】

比較的強い電波を発する銀河。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電波銀河
でんぱぎんが

通常の銀河に比べて電波を強く出している銀河をいう。1940年代後半、電波天文学の初期に点状電波源が相次いで100個ほど発見され、50年代にかけて対応する光学天体の探索(同定)が行われた。その結果、これらのものは銀河系内の超新星の残骸(ざんがい)や電離水素領域などのほか、比較的遠方の銀河であることがわかった。これらは属する星座名にA、Bなど、電波の強い順に名がつけられ、はくちょう座A、おとめ座A、ケンタウルス座Aなどが早くから知られている。その後もさらに弱い電波源の探査と光学同定が続けられている。
 光学的な分類では、大部分が楕円(だえん)銀河で、そのほか中心領域がとくに明るい銀河、特異な型をした銀河などがある。通常の銀河との境界はあまり明確ではなく、電波の放射エネルギーが毎秒1040エルグを目安にしている。
 電波の空間的な強度分布は光学的な形とはほとんど関連なく、はくちょう座Aのように銀河から双方向に亜鈴(あれい)型に数百万光年広がった双対型構造が典型的な例である。銀河団に属する銀河では、双対型構造が吹き流され、曲がっている型のものが多い。
 電波の放射機構は、銀河の中心核から吹き出た高エネルギー電子が磁場に巻き付いた場合に出すシンクロトロン放射である。さらに放射エネルギーが強く、遠方にある準星(クエーサー)などとの関連で、宇宙の構造や、銀河の形成過程、活動性などについて解明の手掛りを与えるものと考えられている。また、1970年代の中ごろには、これら銀河の中心核には巨大ブラック・ホールが存在すると考えられるようになってきた。[井上 允]
『赤羽賢司・海部宣男・田原博人著『宇宙電波天文学』(1988・共立出版) ▽祖父江義明著『電波でみる銀河と宇宙』(1988・共立出版) ▽小尾信彌著『銀河の科学』(1989・日本放送出版協会) ▽家正則著『銀河が語る宇宙の進化』(1992・培風館) ▽ハインツ・R・パージェル著、黒星瑩一訳『星から銀河へ――ハーシェルの庭』(1993・地人書館) ▽谷口義明著『不思議な銀河の物語――銀河は例外をつくらない』(2000・裳華房) ▽前田耕一郎著『電波の宇宙』(2002・コロナ社) ▽藤井旭著『宇宙探検――そこが知りたい!宇宙の秘密』(2002・偕成社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の電波銀河の言及

【銀河】より


[特殊な銀河]
 銀河の中には,強いX線,紫外線,赤外線,電波などの大量の高エネルギー粒子や,高温プラズマに起因すると思われる放射線を放っているものがある。電波銀河,セイファート銀河,マルカリアン銀河,クエーサー,BL Lac天体などと呼ばれるものがそれである。可視域では一般に青紫色光の過剰を示し,活動的な銀河中心核,あるいは活動的な中心部分をもっているものが多い。…

【銀河中心核】より

…銀河を外から観察する場合には,核自体は銀河中央部の濃密な恒星系に埋もれているので,その恒星系内の質量分布や空間運動の異常から,核の存在を推定できることもあるが,多くの場合は,爆発的な活動現象に伴う高エネルギー放射や,異常励起による輝線スペクトルの検出によって認められる。大型楕円銀河のうち電波銀河として知られるもののほとんどは,活動的な中心核をもっていて,形態的にも,中心部分からの爆発の痕跡や高エネルギー粒子の噴出しと思われる青いジェットの認められるものが多い。クエーサーやBL Lac天体などの高エネルギー放射を放つ高光度の準点状銀河も,中心核の極度に発達している大型楕円銀河の一種ではないかと思われる。…

※「電波銀河」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

電波銀河の関連キーワードクエーサー太陽電波電波天体活動銀河核QSS電波星電波塔白鳥座Aルクセンブルク効果ケンタウルス座A

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電波銀河の関連情報