コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ばかりか ばかりか

大辞林 第三版の解説

ばかりか

( 連語 )
〔副助詞「ばかり」に係助詞「か」の付いたもの〕
物事がただそれだけに限られず、他にまで及ぶ意を表す。…だけでなく。 「風-雨まで降ってきた」 「いくら呼んでも、返事をしない-、うるさいぞとどなり返してきた」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ばかりかの関連キーワードショパン:ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調「葬送」/piano soloセクストス・ホ・エンペイリコス富津市金谷地区の残土問題ミッションクリティカルブランビリエ侯爵夫人Attendanceビリエ・ド・リラダントニオ・クレーガー自動車排出ガス規制後足で砂をかけるドグラ・マグラホーンズデールイレムニツキーエラガバルスミドルマーチ大統領報道官元も子もないアミ(醬蝦)過去と思索消え果てる

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ばかりかの関連情報