本膳(読み)ホンゼン

大辞林 第三版の解説

ほんぜん【本膳】

正式の日本料理の膳立てで、客の正面に置く膳。本汁・なます・平ひら(煮物)・香の物および飯を供する。一の膳ともいい、その左右に二の膳・三の膳、さらに与の膳・五の膳などを添える。
「本膳料理」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の本膳の言及

【本膳料理】より

…本膳形式の配膳法によって供される日本料理の正餐(せいさん)。室町時代以後,武家社会の礼法の固定化が進むに伴って整えられた饗膳(きようぜん)形式であるが,年代や料理の流派の差によって内容にはかなりの異同がある。…

※「本膳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android