本膳(読み)ほんぜん

精選版 日本国語大辞典の解説

ほん‐ぜん【本膳】

〘名〙
① 正式の日本料理の膳立で、二の膳、三の膳に対して、主となる膳。本汁・なます・煮物・香の物・飯を載せて、客の正面に据えるもの。一の膳。本飯(ほんぱん)
※尺素往来(1439‐64)「本膳・追膳・三膳」
※仰臥漫録(1901‐02)〈正岡子規〉一「本膳の御馳走食ふて見たし」
③ 本妻をいう。
※雑俳・柳多留‐二六(1796)「本膳にうま味をつけて国へ立ち」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の本膳の言及

【本膳料理】より

…本膳形式の配膳法によって供される日本料理の正餐(せいさん)。室町時代以後,武家社会の礼法の固定化が進むに伴って整えられた饗膳(きようぜん)形式であるが,年代や料理の流派の差によって内容にはかなりの異同がある。…

※「本膳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android