コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひるがの高原 ヒルガノコウゲン

デジタル大辞泉の解説

ひるがの‐こうげん〔‐カウゲン〕【ひるがの高原】

岐阜県中西部、大日岳東麓に広がる草原。標高900~1000メートル、広さは東西3キロメートル、南北2キロメートルに及ぶ。太平洋側と日本海側を分ける分水嶺にあたる。湿原植物のワタスゲミズバショウの群生が見られ、ともに日本最南限の自生地。夏は避暑地、冬はスキー場としてにぎわう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ひるがの高原の関連キーワード岐阜県郡上市高鷲町ひるがのひるがの高原 牧歌の里ひるがの高原だいこん飛騨木曽川国定公園岐阜県郡上市高鷲〈村〉牧歌の里大日ヶ岳高鷲

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ひるがの高原の関連情報