分水嶺(読み)ブンスイレイ

  • 分水×嶺

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 分水界になっている山の尾根。
※風俗画報‐二九二号(1904)第一軍の活動「北分水嶺附近に在りし我一部隊」
② 転じて、物事がどうなっていくかが決まる分かれめ。
※上海(1928‐31)〈横光利一〉三八「騒擾の分水嶺となるべき工部局の特別納税会議」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分水嶺の関連情報