大日岳(読み)だいにちだけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大日岳
だいにちだけ

新潟県北東部,山形・福島両県境近くにある飯豊山地主峰標高 2128m。自然景観をよく残し,磐梯朝日国立公園に属する。

大日岳
だいにちだけ

富山県東部,立山連峰の剣御前 (2777m) から室堂乗越の鞍部を経て西方に延びる大日尾根沿いの山。東から奥大日岳 (2611m) ,大日岳 (2501m) ,前大日岳 (1779m) などの峰があり,上市町立山町の町界を形成している。山体は新期花崗岩から成る。高山植物が多く南斜面の畜生平はカモシカの生息地。平安時代から修験道行者の修行地として知られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だいにち‐だけ【大日岳】

長野県と新潟県の県境にある白馬連峰の一峰、小蓮華山のこと。標高2766メートル。
富山県東部、立山連峰の一峰。標高2498メートル。その東にある奥大日岳は標高2606メートル、西にある前大日岳は標高1779メートル。
新潟県北東部、飯豊(いいで)山地の最高峰。標高2128メートル。
岐阜県北西部、白山山地の一峰。標高1709メートル。三国嶺。
奈良県南部、大峰山脈の一峰。標高1568メートル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

大日岳【だいにちだけ】

富山県東部の山。立山連峰の前山にあたり,標高2501m。東の奥大日岳(2611m),西の前大日岳(1779m)を含めた総称でもある。花コウ片麻岩からなり,山頂は比較的平たん。東側の立山連峰から室堂乗越を経由する縦走路があり,西は大日平を経て称名(しょうみょう)滝に至る。山名は江戸時代にもみえ,修験(しゅげん)の行場でもあった。
→関連項目白山国立公園

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいにちだけ【大日岳】

富山県南東部,中新川(なかにいかわ)郡上市町と立山町との境にある山。標高2498m。立山連峰の一つで,連峰北部の劔御前(2777m)から室堂乗越(むろどうのつこし)の鞍部を経て西へ伸びる大日尾根の主峰。大日尾根は,東から奥大日岳(2606m),中大日岳,大日岳,早乙女岳(2025m),前大日岳(1779m)の山々からなり,山体はいずれも古生代末から中生代初めの古期花コウ岩類で,奥大日岳北側には階段状のカールがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だいにち‐だけ【大日岳】

[一] 富山県東部、立山連峰中の一峰。奥大日岳(二六一一メートル)・前大日岳とともに大日尾根を形成。高山植物が多く、南側の斜面にはカモシカが棲息する。標高二五〇一メートル。
[二] 岐阜県北西部、白山山地の一峰。長良川の水源。標高一七〇九メートル。大日ケ岳。
[三] 新潟県東北部、飯豊(いいで)山地の一峰。標高二一二八メートル。
[四] 奈良県南部、大峰山地の一峰。標高一五九三メートル。修験道の行場。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大日岳の関連情報