コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

びわ葉温圧療法 びわはおんあつりょうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

びわ葉温圧療法
びわはおんあつりょうほう

約 1500年前に中国から伝わったといわれる,ビワの葉を火であぶって,それで患部をなでたり張りつけるやり方を改良したもので,時宗長蓮寺 (栃木県真岡市) で元禄時代の初期 (17世紀末) に始まり,代々伝えられてきた療法という。つぼにビワの葉を載せ,その上に布と不燃性の紙の順で重ねて,その上から火のついた棒状のモグサで押すというやり方。この方法だと,ビワの葉の成分が直接皮膚に浸透し,さらにモグサの温熱刺激と,それを押し付けることによる圧迫刺激が加わって,お灸・指圧プラス薬物療法という三位一体の効果が期待できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

びわ葉温圧療法の関連キーワードバーナード ラガトシャニー デービスグラント ハケットエルベン ベンネマルスグラント ハケットシンディ クラッセンアスベル キプロプイレイン ブストデニー モリソン孫 楊

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android