コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふわと フワト

2件 の用語解説(ふわとの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふわ‐と〔ふは‐〕

[副]
軽くて柔らかいさま。また、軽く浮くさま。ふわりと。
「(鳥ヲ)押さゆれば―立ち」〈浄・振袖始〉
身のこなしが軽いさま。ひらりと。
「懸け鞍(くら)置いて―乗り」〈浄・百人上﨟〉
軽はずみなさま。うかと。
「ほめらるるは嬉しいものぢゃ。そこで某(それがし)が―乗って」〈続狂言記・鱸庖丁〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふわと

( 副 )
やわらかく軽いさま。 「着ながら上着-着せ/浄瑠璃・博多小女郎
軽く身をひるがえして飛び上がるさま。 「あの馬に懸鞍かけくら置いて、-乗り/浄瑠璃・最明寺殿」
軽率なさま。うかうかと。 「褒めらるるは嬉しいものぢや。そこで某が-乗つて/狂言記・鱸庖丁」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ふわとの関連情報