コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふわと(読み)フワト

デジタル大辞泉の解説

ふわ‐と〔ふは‐〕

[副]
軽くて柔らかいさま。また、軽く浮くさま。ふわりと。
「(鳥ヲ)押さゆれば―立ち」〈浄・振袖始〉
身のこなしが軽いさま。ひらりと。
「懸け鞍(くら)置いて―乗り」〈浄・百人上﨟〉
軽はずみなさま。うかと。
「ほめらるるは嬉しいものぢゃ。そこで某(それがし)が―乗って」〈続狂言記・鱸庖丁

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふわと

( 副 )
やわらかく軽いさま。 「着ながら上着-着せ/浄瑠璃・博多小女郎
軽く身をひるがえして飛び上がるさま。 「あの馬に懸鞍かけくら置いて、-乗り/浄瑠璃・最明寺殿」
軽率なさま。うかうかと。 「褒めらるるは嬉しいものぢや。そこで某が-乗つて/狂言記・鱸庖丁」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふわとの関連情報