コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

せり せり

3件 の用語解説(せりの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

せり
せり

劇場機構の一つで,舞台の床の一部を切抜き,これに出演者や舞台装置を乗せて上下させる仕掛け。「迫り」とも書く。舞台に現すことを「せり上げ」「せり出し」,舞台から消すことを「せり下げ」「せりおろし」と呼び,すべて大道具方が操作する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

せり

舞台用語。舞台の切穴(きりあな)の部分に俳優や大道具を載せて上下させる機構。歌舞伎で発明されたもので,上げるのを〈せり上げ〉または〈せり出し〉,下げるのを〈せり下げ〉という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

せり
せり

演劇舞台用語。舞台の床(ゆか)の一部を四角に切り、その部分に俳優や大道具をのせて昇降させる機構のこと。上がるのをせり上げ、せり出し、下がるのをせり下げ、せりおろしといい、とくに大きな屋体などを昇降させるものを大ぜりという。18世紀の初めに竹田からくりなどで最初に使われ、歌舞伎(かぶき)では1753年(宝暦3)並木正三(しょうざ)が自作の『けいせい天羽衣(あまのはごろも)』で三間四方のせり上げを使用したのが始まりといわれる。現代では広く一般演劇に使用。なお、花道の揚幕から七分、舞台付け際から三分の、いわゆる七三(しちさん)にあるせりをとくに「すっぽん」とよび、精霊や妖術(ようじゅつ)使いの役の登退場に使われる。この語源については、せり上がりの演者が首から出るさまがスッポンの首に似ているからなどの諸説があるが、確証はない。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せりの関連キーワード市場機構切り抜き・切抜き切り抜き帳・切抜き帳切穴切抜き切抜き絵切抜き細工切抜き帳切抜く迫り

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

せりの関連情報