コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

へしこ漬け へしこづけ

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

へしこづけ【へしこ漬け】


福井県若狭地方の郷土料理で、いわし・さば・ふぐなどを塩で下漬けしたあと、ぬか床に1年ほど漬け込んだもの。豊漁のときに作られてきた保存食。◇名前の由来は「いわしの呼称ひしこが転じた」「押し込むことを圧()仕込むといった」など諸説ある。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

へしこ漬けの関連情報