べた一面(読み)ベタイチメン

デジタル大辞泉の解説

べた‐いちめん【べた一面】

[名・形動]物の表面全体にすきまなく及んでいるさま。「べた一面に積もった雪」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

べたいちめん【べた一面】

物の表面全体。ある地域すべて。 「 -の焼け野原」 「成程何だか少々重たい気がする。其上-痒い。蚊が余つ程刺したに相違ない/坊っちゃん 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android