コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮名文章娘節用 かなまじりむすめせつよう

4件 の用語解説(仮名文章娘節用の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仮名文章娘節用
かなまじりむすめせつよう

人情本曲山人著。3編9巻。成立は一,二編が天保2 (1831) 年,三編が同5年。元禄の頃から知られる浄瑠璃歌舞伎の心中情話の主人公小三,金五郎の名を借りているが,物語は義理と人情のメロドラマ

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かなまじりむすめせつよう【仮名文章娘節用】

人情本。3編9冊。曲山人(きょくさんじん)作・画。天保2年~5年(1831~34)刊。武家社会の義理人情の悲劇を描く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かなまじりむすめせつよう【仮名文章娘節用】

人情本。三編九冊。曲山人作。1831~34年刊。小さん・金五郎の悲恋物語。武家社会を舞台とし最後は小さんの自殺で終わる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仮名文章娘節用
かなまじりむすめせつよう

曲山人(きょくさんじん)作の人情本。角書(つのがき)「小三(こさん)金五郎」。3編9巻。1831~34年(天保2~5)刊。初め歌川国次の絵で出され、のち歌川国直の絵で再版されて、後者のほうが流布した。作者も「曲山人補綴(ほてい)」となっているので、曲山人が巷間(こうかん)行われていた写本を補ったものと考えられるが、確証はない。仮名屋金五郎と幼なじみの小三が波瀾(はらん)のすえ結ばれるが、義理に迫られた小三が自害するという悲話。勧善懲悪風の作が多かった当時の人情本のなかでは、話のおもしろさと情緒あふれる描写によって出色の当り作となる。人情本中の代表作の一つでもある。続編に『清談若緑』(刊年未詳)があり、曲山人作となっているが、偽作である。[武藤元昭]
『『日本名著全集15 人情本集』(1928・同書刊行会) ▽鈴木重三著「仮名文章娘節用 初版本の発見」(『絵本と浮世絵 江戸出版文化の考察』所収・1979・美術出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仮名文章娘節用の関連キーワード初代為永春水澤山人澤山曲山人鼻山人あたふた松亭金水御伝鈔人情話梅暮里谷峨(初代)華街桜山人

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone