コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

まのし マノシ

デジタル大辞泉の解説

ま‐のし

とりすました表情をすること。一説に、目伸(まの)しの意で目を見張ること。
「聖、―をして」〈宇治拾遺・一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

まのしの関連キーワード竹本大和太夫(初代)中条(新潟県の地名)新潟県胎内市あかね町竹本錦太夫(初代)竹本紋太夫(初代)豊竹若太夫(2代)竹本政太夫(初代)竹本義太夫(2代)鶴沢友次郎(初代)福岡県宗像市赤間タイムスタンプ新治(茨城県)長紅屋長右衛門春山之霞壮夫城南[町]綜芸種智院右馬允家安音曲口伝書城南〈町〉多賀(町)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android