やや(読み)ヤヤ

デジタル大辞泉の解説

や‐や

[感]
驚いたときや不意に気づいたときに発する語。おやおや。「やや、これはたいへんだ」
呼びかけるときに発する語。やあやあ。やよ。
「―といへど、答(いら)へもせで逃げて」〈大和・一五六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やや

( 感 )
驚いた時に発する語。 「 -、こんなところにあった」
呼びかける時に発する語。これこれ。 「 -とおどろかし給へど、ただ冷えに冷え入りて/源氏 夕顔

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

や‐や

〘感動〙
① 人を呼ぶ時にいう語。もしもし。これこれやよ
※大和(947‐957頃)一五六「ややといへど、いらへもせで逃げて、家に来て思ひをるに」
※増鏡(1368‐76頃)一一「女嬬が局の口に立ちて、ややといふ物を見あげたれば」
② 我知らず口をついてでることば。驚いた時や急に思いついた時などにとっさに口をついて出ることば。おやおや。おっ。
※枕(10C終)三五「権中納言の、やや、まかりぬるもよしとて、うちゑみ給へるぞめでたき」
※宇治拾遺(1221頃)一五「海賊ども見て、やや、これは、うちある矢にもあらざりけり。神箭なりけりといひて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ややの関連情報