やんがん

精選版 日本国語大辞典の解説

やん‐がん ‥グヮン

〘名〙 (「やっかん(薬鑵)」の変化した語か) 腹を立てやすいこと。転じて、癇癪(かんしゃく)を起こすこと。やがん。
※浄瑠璃・新うすゆき物語(1741)下「何れもが世話焼いて、詫言(わびごと)なかばにもふやんぐん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android