癇癪(読み)カンシャク

  • ×癇×癪

デジタル大辞泉の解説

ちょっとしたことにも感情を抑えきれないで激しく怒り出すこと。また、そういう性質や、その怒り。「癇癪を起こす」「癇癪が強い」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ちょっとしたことにでも激怒しやすい性質。怒りやすい性質。また、その発作。現代では多く「癇癪を起こす」という形で用いられる。癇癖。癇癪玉。
※洒落本・月花余情(1746)序「辛気、肝癪(カンシャク)、則亡国之音」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

癇癪の関連情報