コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

よに よに

大辞林 第三版の解説

よに

( 助動 )
〔「ように」の転。近世上方語〕
比況の助動詞「ようだ」の連用形「ように」に同じ。 「このよにこのよに云うてくれ/浄瑠璃・油地獄

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

よにの関連キーワードミドリがひろったふしぎなかさ有り有りし・在り在りしえんやら りんごの木キューポラのある街おたすけねこさん生やか・艶やかおこよ・源三郎豊浦(山口県)ぶな森のキッキヘイ・ポーラ春日 とよ喜大人しやか松井 英子春日とよ喜在り通ふ然もあり神近市子掻き集む清少納言気色あり

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

よにの関連情報