女殺油地獄(読み)おんなころしあぶらのじごく

  • おんなころしあぶらのじごく をんなころしあぶらのヂゴク
  • おんなころしあぶらのじごく〔をんなころしあぶらのヂゴク〕
  • おんなごろし あぶらのじごく
  • おんなごろしあぶらのじごく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浄瑠璃。世話物。3巻。近松門左衛門作。享保6 (1721) 年大坂竹本座初演。大坂河内屋の放蕩息子与兵衛が,両親の愁嘆を立聞きして改心するが,借金返済のため豊島屋七左衛門の妻お吉に無心をし,断られて彼女を惨殺する。その悲惨な内容から,江戸時代には再演改作が行われなかったが,与兵衛の近代的な不良性が関心をひいて坪内逍遙の近松研究会に評価され,明治末期以降しばしば復活上演されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

浄瑠璃世話物。三段。近松門左衛門作。享保6年(1721)大坂竹本座初演。大坂天満の油屋河内屋の次男与兵衛が放蕩(ほうとう)のあげく、同業の豊島屋の女房お吉を殺して金を奪い、捕らえられる。油地獄。
を原作とする、野村芳亭監督による映画の題名。大正13年(1924)公開。出演、諸口十九、柳咲子、川田芳子ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

浄瑠璃。近松門左衛門作。1721年初演。大坂天満(てんま)の油商河内屋(かわちや)与兵衛が,番頭上がりの継父の遠慮につけ込んで不良化し,借金に迫られて隣家の女房お吉に金の無心をし,ついに殺して金を奪う話。殺しの場面に油を使った凄惨(せいさん)な描写が珍しい。近松の世話物中特異な作品で,江戸時代の再演はなく,明治以後さかんに歌舞伎でも上演されるようになった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

人形浄瑠璃。世話物3巻。近松門左衛門作。1721年(享保6)竹本座初演。この殺人事件はすぐに歌舞伎に仕組まれて上演されているが,本作への影響関係は不明。河内屋与兵衛は小心もののくせにわがままな蕩児であるが,番頭上りの継父徳兵衛にとっては主筋にあたるので足蹴にされても折檻もできないし,実母はその徳兵衛への義理と息子への愛情にはさまれて苦しむ。勘当された与兵衛は新銀二百匁の返済に窮して隣家の油屋豊島屋(てしまや)の女房お吉に頼みこむが,ことわられてお吉を殺す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

人形浄瑠璃、世話物の一。近松門左衛門作。1721年初演。大坂天満町の油商河内屋与兵衛が、放蕩ほうとうして借金に責められ、豊島屋てしまや七左衛門の妻お吉に無心を言いかけたが、断られたので惨殺した事件を脚色したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。世話物。3段。近松門左衛門作。1721年(享保6)7月大坂・竹本座初演。同年5月に起こった事件を脚色。大坂・天満(てんま)の油商河内屋(かわちや)の次男与兵衛は、番頭上がりの継父徳兵衛の寛容に乗じて放蕩(ほうとう)を尽くし、野崎詣(まい)りの徳庵(とくあん)堤で女をめぐって大げんかをしたすえ、徳兵衛に金と家督を強要して暴力を振るう。思い余った徳兵衛夫婦は与兵衛を勘当するが、それでも息子かわいさ、町内の同業豊島屋(てしまや)の女房お吉(きち)に小遣いを託す。与兵衛は親の慈悲に感動したものの、彼は父の偽判(にせはん)で大金を借り返済を迫られていたので、お吉に融通を頼むが、断られるとふたたび分別を失い、お吉を殺して金を奪い、その三十五日の逮夜(たいや)に召し捕られる。江戸時代には上演が絶えていたが、明治になると主人公の近代的な性格描写や、これをめぐる継父、実母、お吉らの義理と人情の機微、また油に滑るお吉殺しの凄惨(せいさん)な迫力などが高く評価され、明治末年に2世実川延若(じつかわえんじゃく)が復活上演。以来、しばしば演じられるようになり、第二次世界大戦後は文楽人形浄瑠璃でも新しい節付けによって復活上演されている。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

浄瑠璃。世話物。三段。近松門左衛門作。享保六年(一七二一)大坂竹本座初演。大坂天満の油屋河内屋の次男与兵衛が、放蕩の結果、金に困り筋向いの同業豊島屋の女房お吉を殺して金をうばうが、のちに捕えられる。主役の徹底した不良児としての性格描写は、近松世話物の中でも異色なもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
大森痴雪
初演
昭和8.3(東京・東京劇場)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

江戸中期,近松門左衛門の世話物浄璃瑠
1721年大坂竹本座で初演。3段。大坂の河内屋与兵衛が同町筋向いの油屋豊島屋の妻お吉を殺害して金を奪う話であるが,元禄時代の自己本位で無軌道,ドライな青年を描いた近松晩年の傑作とされる。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女殺油地獄の関連情報