コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

よろい竜 よろいりゅうAnkylosauria

知恵蔵miniの解説

よろい竜

中生代ジュラ紀後期から白亜紀後期に生息していた恐竜の一種。曲竜類に属し、代表的なよろい竜としてアンキロサウルスが挙げられる。全長5~10メートルほどあり、草食で4足歩行をし、背部に装甲を持つなどの特徴がある。北半球全域で化石が発見されており、アジア各地では約20種の化石が出土している。2014年7月7日、福井県立恐竜博物館と長崎市教育委員会が、長崎半島西海岸にある地層「三ツ瀬層」から、よろい竜の歯の化石が見つかったと発表。足あとを含むよろい竜の化石の発見は、国内で5カ所目となる。

(2014-7-9)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

よろい竜の関連キーワードスケリドサウルスヒラエオサウルス原始的な装盾類エウリポッド類ステゴサウルスノドサウルスよろい竜類装甲竜類剣竜類鳥盤類

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android