れき

精選版 日本国語大辞典「れき」の解説

れき

〘代名〙 (「れこ」の変化した語。江戸時代、人形浄瑠璃社会から一般に流布したという) これ。あのもの。例のやつ。ある物をさして、わざとぼかしていう俗語的表現。金銭や特定の人物をさしていうことが多い。れきま
※評判記・もえくゐ(1677)「しぼめるれきの、かりなくて、にほいのこれるがごとくなるをも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android