れき

精選版 日本国語大辞典「れき」の解説

れき

〘代名〙 (「れこ」の変化した語。江戸時代、人形浄瑠璃社会から一般に流布したという) これ。あのもの。例のやつ。ある物をさして、わざとぼかしていう俗語的表現。金銭特定人物をさしていうことが多い。れきま
※評判記・もえくゐ(1677)「しぼめるれきの、かりなくて、にほいのこれるがごとくなるをも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android