れき

大辞林 第三版の解説

れこの転。もと、操り・浄瑠璃社会の隠語という
指示代名詞。また、三人称の人代名詞。これ。あのもの。あの人。ある物(特に金銭)や特定の人物をさしていうことが多い。れきま。 木でこしらへた-をくらはせても/洒落本・蕩子筌枉解

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘代名〙 (「れこ」の変化した語。江戸時代、人形浄瑠璃社会から一般に流布したという) これ。あのもの。例のやつ。ある物をさして、わざとぼかしていう俗語的表現。金銭や特定の人物をさしていうことが多い。れきま。
※評判記・もえくゐ(1677)「しぼめるれきの、かりなくて、にほいのこれるがごとくなるをも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

れきの関連情報